香典の書き方を間違えない

通夜・葬儀などの場で香典を差し出すという際、お金をそのまま相手に手渡すというようなことは行ってはなりません。 基本としては香典袋と呼ばれる紙の袋に包んだ状態で手渡すこととなるでしょう。 この香典袋には「誰が渡したものなのか」ということを明らかにするために名前などを書く必要がありますが、そうした書き方にはしっかりとしたマナーがありますから、間違えないようにしなくてはなりません。 まず最初に覚えておきたいのが、香典袋の表側の書き方です。 一般的には「御霊前」というような言葉が使われますが、この言葉は「どのような宗教にでも使えるもの」という特徴があります。 実はこの表書きについては、相手の宗教によって適切な物が異なるのです。 葬儀が仏式で行われる場合には「御香典」や「御香料」などが使用されることとなり、神式の場合には「後玉串料」や「御榊料」が使用されます。 日本だと比較的参加する機会は少ないものですが、キリスト教式の場合には「御花料」が一般的な物となるので覚えておきましょう。 ただどのような宗教であっても「御霊前」を使うということは失礼に当たりませんから、基本は「御霊前」と書くようにするのが無難です。 さて、次に「御霊前」などが書かれた部分から下側についてですが、ここには「自分の名前」を書くのが一般的です。 基本は会葬者のフルネームを書き、何らかの理由で代理人が出席する場合には、香典を送る本人の名前の左下に「代理人が渡しました」という意味を示す「内」という文字を小さく書き添えます。 故人との付き合いが家族ぐるみであったというような場合には、一枚の袋に連名で名前を書くということも問題はありません。 また場合によっては職場の同僚同士で連名で香典を出すというようなこともありますが、この場合、表書きに名前を書くのは「3名まで」というルールがあります。 3名以上となる場合には「営業部一同」のようにまとめることで名前の代わりにし、中袋に香典を出した人の名前と、その金額を縦書きで記した明細を入れるのがマナーです。 突然の葬儀・通夜であわててしまわないように、こうしたマナーについては基本だけでも事前に知っておくようにしましょう。

字が下手でも書き方が

香典に氏名などを記入する際に字が下手で恥ずかしいと考えている方も少なくありません。特に香典袋に記入する際には筆ペンを利用する事もあり・・・続きはリストから

Copyright(c) 2015 葬儀での香典の事を知っておく All Rights Reserved.