香典の相場と金額とは

香典は個人に対する供養の気持ちを表すものであり、お線香やお花といったような供物の代わりに遺族に対して手渡すものです。 これは「葬儀という急な出費に対してお互いが助け合う」ということがルーツの一つともされていますが、この香典として手渡す金額には、相場というものがあります。 相手と自身が近しい立場でいるにもかかわらず相場よりも少ない香典を渡すということになってしまうと、直接非難をされるということは無くとも、相手に対しては非常に失礼な振る舞いとされてしまうことは間違いありません。 ではその相場としてはどれくらいになるのかというと、まず最も近しい立場である「親」の葬儀においては、20代であれば3万円、30代以降では5万円を最低限として、最大10万円まで包むことが一般的です。 親の葬儀となるとその子どもである自分が喪主側に立つという場合が少なくありませんが、香典として最も高額になるのはこの場合です。 次に兄弟・姉妹の場合ですが、これは20代の人は3万円、30代以降は5万円が基本であり、叔父や叔母などの近しい親戚などの場合には20代の人は1万円、30代以降であれば2万円から3万円程度を包むのが無難となるでしょう。 叔父や叔母以外の親族の香典になるとやや金額は下がり、交流がある相手に対しては3千円から2万円の範囲内が相場となります。 ただ3千円となると20代などのごく若い人が払うものとされますから、30代以降の人であれば5千円以上は包みたいところです。 その反面、全く交流がないというような親戚の場合には、香典を用意しないという場合もあります。 もちろん葬儀に参列するのであれば必要となりますが、葬儀に参列しないという場合の、後日郵送で送る香典なども用意しないことが少なくありません。 そして社会人として押さえておきたい「取引先」の場合ですが、故人が社長などの経営者であった場合には最低3万円から10万円、故人が社員である場合などには5千円から3万円が基本となります。 しかしこうした「取引先への香典」に関しては故人と個人的な知り合いであった場合を除けば、通常は会社が用意をして相手先に支払うこととなりますから、特に気にする必要はないでしょう。

金額はわきまえておくべき

元々、香典は香を供えるという意味を持っていますが、その意味が転じて、現在ではお線香や抹香・花の代わりに霊前にお供えするものとされており・・・続きはリストから

Copyright(c) 2015 葬儀での香典の事を知っておく All Rights Reserved.