金額はわきまえておくべき

元々、香典は香を供えるという意味を持っていますが、その意味が転じて、現在ではお線香や抹香・花の代わりに霊前にお供えするものとされており、葬儀にかかる費用に対して相互扶助を行う為のものと位置づけられています。 故人との付き合いの深さ、弔問する人の年齢、贈る側の気持ちなどによって、香典金額の目安は変わっていきます。金額に決まりは無いのですが、死や苦を連想させる40,000円や90,000円といった金額を包むのは、お悔やみごとにおいて失礼にあたりますので避けた方が良いです。また、仏事には偶数は使用しないとされてきましたが、近年では20,000円を用いることもあります。きりの良い金額とし端数の無いようにするのが基本です。 近隣関係であれば3,000~5,000円、会社の同僚や知人などの一般関係者であれば5,000~10,000円、親族であれば10,000~30,000円、家族であれば50,000~100,000円程度とするのが一般的です。

Copyright(c) 2015 葬儀での香典の事を知っておく All Rights Reserved.