葬儀での香典はマナー重視

葬儀での香典はマナーを重視しなければなりません。 のし袋も水引がついた正式なものを使用し、立場、住所、氏名などをわかりやすい文字で心を込めて書かなければ喪主さまに失礼です。 中にお入れする金額も親戚とか友人とか自分の立場を考慮してそれなりのものを用意しなければなりません。 お返しと言うこともありますから喪主が持ち出しにならないように配慮してあげなければいけません。 悲しみに暮れている喪主さまやご家族への思いやりの心が大事です。 お札も使い古したようなお札ではなく新しいお札をお入れしたいものです。 受付に香典をお出しする際も「本日はご愁傷さまです。」などの言葉を添えて会釈しながらお出しします。 のし袋は受付の人が読める向きでお出しするものです。受付の人はチェックしながら香典を頂きますので大変忙しいのです。 そこを配慮してあげて早くその場を離れます。私語などもってのほかです。 葬儀へ参列する際の服装も喪服を持っていたら喪服を着ていくとか、持っていなかったら黒色に近いスーツで参列するのがマナーです。 カジュアルのような服装は喪主さまやご家族に失礼です。御数珠も持っていたら持参しましょう。 葬儀は厳粛なものです。参列者その人のマナーが問われます。 香典という物への考え方ひとつにも自分の姿勢が喪主さまには伝わります。決して軽く考えてはなりません。 葬儀は今度は自分が喪主になるかも知れないたぐいの重要なことです。 その場における参列者である自分のしぐさは喪主さまを初め、ご家族皆さまが注視しています。 自分が喪主の立場になる際はマナーを重視しなければならないということが良く理解できる筈です。 葬儀は亡き人を現世からお見送りする大切な場であると共に、お世話になった人にお別れをする場でもあります。 喪主さまやご家族は悲しみをこらえてその場に臨んでおります。 参列者全員が心を込めて亡き人とお別れをしてください。そして喪主さまやご家族にいたわりの言葉をお掛け下さい。

大人としての常識を

いつまでも子供のままで、いることが出来ればこの世界では生きやすいです。 特に日本では、子供がしたことだからと・・・続きはリストから

Copyright(c) 2015 葬儀での香典の事を知っておく All Rights Reserved.