葬儀の事を学ぶときに

冠婚葬祭、特に「葬儀」については、様々な解釈があります。 地域によっても、宗派によっても考えが違い、服装や香典、立ち振る舞いといったマナーは、一朝一夕にマナー本を読んだだけでは身につきません。 昔は家族や親戚の家族も多く、また親戚づきあいも密であったことから、子供が葬儀の場に立ち会うことも多かったようです。両親の葬儀での立ち振る舞いを見て、自然とマナーを身に付け大人になるものでした。自分自身の家族のマナーが他の地域や宗派によって違うことも大人になってから知り、そういったすり合わせも自然と出来るようになるものです。2世代以上の大家族では結婚しお嫁さんとしてやってきた女性に、その家の姑にあたる人が家族や親戚間での葬儀のマナーを直接教えるという姿もあるでしょう。 今は、各家族が多く、子供が葬儀について学ぶときがなかなかありません。それどころか、子供は冠婚葬祭は遠慮すべきとの考えもあり、小さい子供を連れた若い母親は、子供と同様になかなか学ぶときを得られません。30歳を過ぎた子供がいる夫婦が、自分の喪服を持たずにいる場合もあるようです。 現在の子供は小学生からゲーム漬けの生活です。その影響か「人は死んだら生き返る」と思っている子供がいるとのデータもあります。 事が「葬儀」ですから、少ない方が良いのですが、学ぶときが無いのは、子供にとって酷なことではないでしょうか。 子育て中の若い親も、なかなか子供に「葬儀」だけでなく「人の死」について話をする機会はないでしょう。しかし、生きていれば死による人との別れは避けられません。「葬儀」という悲しい機会が無くとも、盆暮れ時の帰省の時は先祖の墓参りに行く、実家がお墓や仏壇のない家庭であれば祖父母等の亡くなった人を偲ぶ機会を設ける等、子供が「死の話題」から隔離されないようすることも大切かと思います。「死」について学ぶことは、自分自身の「命」を大切にすることにもつながるはずです。

慌てる前に学ぶこと

お通夜や葬儀に参列しなければならないという事態は、突然やってきます。ですからその時になって慌てることがないように・・・続きはリストから

Copyright(c) 2015 葬儀での香典の事を知っておく All Rights Reserved.